トップページへ

トップページへ|

お知らせ

お知らせ

2019年3月20日

会報No.37最新号更新しました。

>> 詳細はこちら

* * *

服飾文化学会第20回大会・総会開催のお知らせ 

2019年03月13日

服飾文化学会第20回大会・総会を下記の通り開催いたします。
多数の方々の研究発表および参加を期待して、ご案内申し上げます。
詳細は追ってお知らせいたします。

期 日:
2019年5月18日(土)、19日(日)
会 場:
日本女子大学 目白キャンパス
〒112-8681  東京都文京区目白台2−8−1
交通アクセス情報はこちらから >>

>> 詳細はこちら

* * *

論文発表会のお知らせ

2019年2月15日

服飾文化学会では、下記の日程で論文発表会を開催します。
多数の皆様のご参加を期待しております。

日 時 :平成31年 3月1日 (金) 13:00−16:00
会 場 :文化学園大学 (旧文化女子大学) C071番教室
交 通 :JR・小田急線・京王線・都営新宿線・都営大江戸線・丸ノ内線 新宿南口より徒歩7分

>> 詳細はこちら

* * *

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第2回募集のお知らせ

2019年2月4日

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第2回募集(2019年3月29日締切)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの 参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館・川口 NHKアーカイブス、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○ 第2回閲覧期間2019年6月〜8月 (1組 20日間まで利用可)
○ 募集対象者大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○ 募集締切2019年3月29日
○ 募集研究数放送博物館(6組)・川口 NHKアーカイブス(2組)・大阪放送局(3組)

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

* * *

夏期セミナーお知らせ

2019年1月23日

平成30年度 第20回夏期セミナー
2019年8月20日(火)〜 22日(木)の2泊3日の日程で、フランスのパリを基点にノルマンディー地方にて開催いたします。
申込締切:2019年2月14日(木)《必着》

>> 詳細はこちら

* * *

服飾文化学会ホームページ サーバメンテナンスのお知らせ

2018年10月2日

2018年10月09日(水) 10:00 - 11:00
サーバメンテナンスの為一時的につながりにくくなることがございます。
その場合は少しお待ちいただき、ご覧いただきますようお願い申し上げます。

また、このメンテナンスにより古いバージョンのブラウザはご利用できなくなる場合もございます、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

* * *

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」のお知らせ

2018年8月31日

NHK番組アーカイブス学術利用トライアル 2018年度第4回募集 (9月28日締切)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○ 第4回閲覧期間2018年12月〜2019年2月 (1組 20日間まで利用可)
○ 募集対象者大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○ 募集締切2018年9月28日
○ 募集研究数放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

* * *

研究例会のお知らせ

2018年07月03日

服飾文化学会では下記の日程で研究例会を開催いたします。
多数のご参加をお待ちいたしております。  

日 時 :2018年10月27日 (土) 13:00〜15:10
会 場 :東京都庭園美術館 本館の中3階スタジオ

講演題目 :「旧朝香宮邸からアール・デコを再考する」

>> 詳細はこちら

* * *

お知らせ

2018年06月06日

服飾文化学会誌<作品編>vol.10、<論文編>第18号目次を掲載いたしました。

>> 詳細はこちら

* * *

会長就任のお知らせ

2018年5月17日

長崎巌先生が会長に就任されました。

>> 詳細はこちら

* * *

事務局移転のお知らせ

2018年03月19日

服飾文化学会事務局は、2018年3月末日をもって以下に移転いたします。

服飾文化学会事務局
〒101-8437 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
共立女子大学被服平面造形室内
電話:03-3237-2463
お問い合わせ、ご連絡等はページ上部のお問い合わせのボタンからメールをお送りください。

* * *

このページの先頭へ

学会活動

本学会の活動は下記の通りです。

 

大会・総会

第20回大会・総会プログラム

1. 期日

2019年5月18日(土)・19日(日)

2. 会場

日本女子大学 目白キャンパス
〒112-8681 東京都文京区目白台2−8−1

【目白駅】(JR山手線)
都営バス(学05)<2番のりば>より 日本女子大学行(直行、所要時間5分)
都営バス(白61)<1番、3番のりば>より 新宿駅西口またはホテル椿山荘東京行にて、「日本女子大前」下車(所要時間5分)

【雑司ヶ谷駅】(東京メトロ副都心線)
3番出口より徒歩8分

【護国寺駅】(東京メトロ有楽町線)
4番出口より徒歩10分

3. 内容

5月18日(土)

12:20〜
13:00〜14:05 
14:15〜15:45
15:55〜16:25
16:40〜18:00

受付 (新泉山館1階大会議室前)
研究発表 (新泉山館1階大会議室)
特別講演
総会
情報交換会 (桜楓会館3階)

5月19日(日)

  9:10〜12:10

12:10〜13:10
13:10〜14:40

研究発表 (新泉山館1階大会議室)
作品・ポスター展示ショートスピーチ
昼食
作品・ポスター展示説明・質疑(新泉山館1階大会議室)

※作品・ポスター展示期間は、5/18(土)13:00 〜5/19(日)14:40です。また、ショートスピーチは、研究発表会場で行います。
※成瀬記念館は、18日(土)10:00〜14:00、成瀬記念館分館(旧成瀬仁蔵住宅)は、18日(土)10:30〜13:30に開館いたします。
※発表件数によっては時間変更が生じますので、後日送付しますプログラムのご確認をお願いいたします。

【特別講演】

講 師: 千早茜氏(小説家) 
北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2008年、『魚神(いおがみ)』で第21回小説すばる新人賞を受賞。翌年、同作で泉鏡花文学賞を、2013年に『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞。同年、『あとかた』、2014年に『男ともだち』で直木賞候補となる。近著に『鳥籠の小娘』、『わるい食べもの』、『正しい女たち』、『犬も食わない』(尾崎世界観氏と共著)など。

講 師:筒井直子氏(京都服飾文化研究財団(KCI)キュレーター) 
和歌山県生まれ。神戸女子大学大学院博士前期課程修了。現在、京都服飾文化研究財団(KCI)キュレーター。KCIでは学芸、司書、教育普及を兼務すると共に広報誌『服をめぐる』の編集を担当。モスクワ・クレムリン美術館での「Elegance and Splendour of Art Deco」展等、国内外におけるファッション展の企画に携わる。

 

講演テーマ:「服飾から物語へ―小説家が紡ぐ服飾作品の言葉をめぐって―」 

 

講演内容:
気鋭の小説家、千早茜氏が2018年上梓した『クローゼット』(新潮社)は、京都服飾文化研究財団が収蔵する西洋の服飾作品とそれに携わる補修士、学芸員らの取材をもとにした物語です。本作では登場人物たちの揺れ動く心情と歴史衣装の細かな描写が共鳴しあい、全編にわたり豊かな服飾の世界が展開されています。さらに歴史衣装の傷みや脆さが現代社会の暗喩として表現された点も読みどころの一つとなっており、多くの読者を惹きつける作品の魅力となっています。本作で紡がれた服飾作品の表現とはどのようなものなのでしょうか。本講演では、小説家、千早茜氏と京都服飾文化研究財団キュレーターの筒井直子氏が実際の服飾作品の画像とともに、物語で表現された言葉について読み解き、作品が生まれた経緯についても語ってくださる予定です。

自由見学

成瀬記念館、成瀬記念館分館(旧成瀬仁蔵住宅)
展示テーマ:「日本女子大学の授業」明治・大正・昭和の授業に使われた教材や、写真などが展示される予定です。家政学の資料も展示されます。成瀬記念館分館は、1901(明治34)年に教師館(教師用住宅)の一つとして建設され、創立者で初代校長を務めた成瀬仁蔵が1919(大正8)年に没するまで居住した、本学創立時から残る唯一の建物です。成瀬没年の状態に復元・修復され、現在の場所に移築されました。分館は靴下をお履きの上、ご見学ください(素足はご遠慮ください)。

【情報交換会】

桜楓会館3階

4.参加費

大会参加費

その他の費用

会員

3,000円

情報交換会費
(5/12)

会員

4,000円

非会員

4,000円

非会員

4,500円

学生会員

1,000円

学生会員

2,000円

学生非会員

1,500円

学生非会員

2,500円

   

昼食代(5/13)

 

1,000円

※5/13(日)は、学食もご利用できます。

※払込先 ゆうちょ銀行 口座番号 00110-0-451698
  加入者名 内村 理奈(ウチムラリナ)

※5/19(日)は学食は休業日につきご注意ください。

5. 申込方法

<発表申込>
  ・ 発表申込締切日 2019年3月28日(木)

  1. 既にお送りしました「発表者へのお知らせ」(2種)をご覧の上、Eメールにてお申し込みください。
  2. 発表形式には、口頭発表・ポスター展示・作品展示の3種があります。
  3. 発表は未発表の研究報告で、発表者は共同発表者とも本会会員に限られていますので、非会員の発表希望者は学会ホームページから入会手続きをお願いいたします。
  4. 出張依頼書の必要な方は、提出先の所属機関長職および氏名を明記の上、返信用封筒に82円切手を貼付して、実行委員会までお申し込みください。

  ・ 要旨原稿締切日 2019年4月20日(土)

提出方法と提出先:Eメールのファイル添付にてuchimurar@fc.jwu.ac.jpまで。
※受信した旨の返信メールが届かない場合は、実行委員会までお問い合わせください。

<参加申込>
  ・ 申込・払込締切日 2019年4月20日(土)

  1. 参加申し込み葉書に必要事項をご記入の上、62円切手を貼付してご返送下さい。
  2. 4月下旬に発表のプログラムをお送りします。
  3. 同封の振替用紙の通信欄の該当金額に○をつけ、お支払いください。全て前納となります。
  4. 当日「払込票兼受領書」をお持ち下さい。払込金は原則として返金いたしません。

○服飾文化学会 第20回大会・総会実行委員会○
  〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
  日本女子大学 服飾美学研究室
  担当:内村 理奈 (uchimurar@fc.jwu.ac.jp)

口頭発表者へのお知らせ

1. 発表時間

発表12分 質疑応答3分

2. 使用機器

パワーポイント

パソコン(OS=Windows 10)、 PowerPoint 2016、を用意いたしますので、スライドサイズ(画面)を 16:10 で作成したデータをUSBに保存してお持ち下さい。

写真・画像データ(jpg,pdf形式)

USBに保存してお持ち下さい。パソコンで投影します。

試写確認

5月18日(土)は12:45までに、5月19日(日)は8:45までに会場にお越しいただき、開始前に試写確認をして下さい。

3. 口頭発表申込書

下記の作成要領に沿って、word文書ファイルを作成して、Eメールに添付してお送り下さい。

  1. 口頭発表申込書ファイル作成要領(ページ設定は任意)
  2. ファイル名 「服飾文化学会口頭発表申込書(申込者氏名)」
    記載項目 ・氏名(フリガナ)
      ・所属
      ・連絡先    電話番号 及び Eメール・アドレス
      ・演題
  3. 共同研究の場合には代表者を氏名列記の最初に記し、発表者に〇をつけて下さい。
  4. 締    切:3月28日(木)必着
  5. 送付先:uchimurar@fc.jwu.ac.jp
    ※実行委員会から、受信した旨のメール返信が届かない場合は、お問い合わせ下さい。

4. 発表要旨

1) 様式(wordで作成  右図参照)

 

用紙

A4縦置き、横書、1枚

余白

上25mm、下30mm、左右30mm

文字

10.5ポイント、明朝体

タイトル

レイアウトは最上段の中央に配置し、副題がある場合は、改行して同じく行の中央に配置。
(タイトルは12ポイント、他の文字サイズは任意)

※ 提出された原稿が印刷の基本となります。

2) 締切

4月20日(金)(必着)

Eメールに添付してお送り下さい。

3) 送付先

uchimurar@fc.jwu.ac.jp
※実行委員会から、受信した旨のメール返信が届かない場合は、お問い合わせ下さい。

5. 発表日時

後日郵送のプログラムでご確認下さい。

ポスター展示・作品展示発表者へのお知らせ

1. 発表時間

ショートスピーチ5分   (5月19日  研究発表会場 11:00-12:10 予定)
質疑応答  90分間内 (5月19日  展示会場     13:10-14:40)

  1. 研究発表会場にてポスター・作品について5分間のショートスピーチを行います。
  2. ショートスピーチ用のPowerPointデータ、Word、作品の写真・画像データ(jpg,pdf)等はUSBに保存してお持ち下さい。 なお、PowerPointのスライドサイズは16:10で作成してください。(口頭発表と同じ機器、OS等を使用します。Windows10 、 PowerPoint 2016 )
  3. 試写確認:5月19日(日) 8:45〜(研究発表会場にて)
  4. 質疑応答はポスター・作品展示の前で行います。

2. 会場と展示準備・
    写真撮影・搬出の日時

会場

日本女子大学 百年館 1階 ロビー

準備

5/18 (土) 10:30-12:30 

撮影

5/19 (日) 14:50 質疑終了後に作品写真撮影 百年館低層棟1階 百104室
(学会で費用負担1点、2点以上は希望に応じて自己負担にて撮影可能)

搬出

5/19 (日) 撮影終了後

3. 展示方法と備品

  1. マヌカンは、ご自身でご用意下さい。
  2. 9号、7号、5号サイズのボディでご用意しますが、数量によってはご用意できない場合もございます。
  3. タペストリー等は、サイズ、展示方法等をお知らせ下さい。
  4. ポスター発表は、幅90cm×高さ202cm(貼付部分、90p×120p、A0サイズ)に収まる大きさでお願いします。

4. 発表申込書

ポスター展示・作品展示発表申込書を下記の作成要領に沿って、word文書ファイルを作成して、Eメールに添付してお送りください。


  1. 口頭発表申込書ファイル作成要領
  2. ファイル名 「服飾文化学会ポスター展示(または作品展示)発表申込書(申込者氏名)」
    記載項目 ・氏名(フリガナ)
      ・所属
      ・連絡先    電話番号 及び Eメール・アドレス
      ・演題
      ・展示方法  マヌカン、ボディ使用(数量、サイズ、自己準備or借用)壁掛け展示、机上展示、ポスター(数量、サイズ)など
  3. 共同研究の場合には代表者を氏名列記の最初に記し、発表者に〇をつけて下さい。
  4. 締    切:3月28日(木) 必着
  5. 送付先:uchimurar@fc.jwu.ac.jp
    ※実行委員会から、受信した旨のメール返信が届かない場合は、お問い合わせ下さい。

5. 発表要旨

様式(wordで作成  右図参照)

 

用紙

A4縦置き、横書、1枚

余白

上25mm、下30mm、左右30mm

文字

10.5ポイント、明朝体

その他

タイトルのレイアウトは最上段の中央に配置し、副題がある場合は、改行して同じく行の中央に配置。タイトルの文字サイズは12ポイント、他の文字は任意。

※ 提出された原稿が印刷の基本となります。

締切

4月20日(土)(必着)

Eメールに添付してお送りください。

送付先

uchimurar@fc.jwu.ac.jp
※実行委員会から、受信した旨のメール返信が届かない場合は、お問い合わせ下さい。

6. 発表日時

後日郵送のプログラムでご確認下さい。

⇒ 過去の大会・総会

このページの先頭へ

夏期セミナー

第20回(平成31年度)
服飾文化学会夏期セミナーのご案内

第20回となる2019年度夏期セミナーは、2019年8月20日(火)〜 22日(木)の2泊3日の日程で、フランスのパリを基点にノルマンディー地方にて開催いたします。
1日目はパリを出発し、パリ近郊のMusee de la Toile de Jouyを見学後、ノルマンディー公国の首都として栄えた街ルーアン(Rouen)へと向かいます。懇親会は、ルーアンにあるフランス最古のオベルージュ「La Couronne」を予定しています。2日目はBayeux Museumのタペストリーを見学し、クリスチャン・ディオールの生誕地、グランヴィル(Granville)に向かい、ディオールの生家を使用したMusee et jardin Christian DIORを見学します。3日目はレースで有名なアランソンでMusee des Beaux-arts et de la Dentelleを訪問し、パリへと戻る2泊3日の日程です。
フランスを代表するテキスタイルとクリスチャン・ディオール美術館など、通常のツアーではなかなか行けない場所を、全行程専用バスで快適に、効率的に回れるプランとなっています。さらに日本人添乗員と全食事が付きます。

夏期セミナーのご案内はこちら >>

 
参加要項
■費用      
参加費   学会員および非会員 60,000円
    学生会員 50,000円
    ※専用バス(30人乗り)、日本人添乗員(3日間)費などを含む
宿泊費   8/20
MERCURE ROUEN CHAMP DE MARS
★★★★
125€
    8/21
MERCURE GRANVILLE LE GRAND LARGE
★★★★
153€
    ※シングル料金(朝食込)、2人部屋の場合は 1/2、別途朝食 10€
懇親会費   1 回 (8月20 日) 60€ 
(飲み物代含む)
昼食費   3 回(8 月20 日〜22 日) 105€ 
(飲み物代別)
夕食費   1 回(8 月21 日) 45€
(飲み物代別)
入館料   MUSEE DE LA TOILES DE JOUY 7€
    BAYEUX MUSEUM 9.5€
    MUSEE ET JARDIN CHRISTIAN DIOR 8€
    MUSEE DES BEAUX ARTS ET DE LA DENTELLE 6.6€

■参加申し込み

  1. 申込方法
  2. 申込はがきの該当項目に○印をつけ必要事項をご記入の上62 円切手を貼付してご返送下さい。
    申込はがきは1 名につき1 枚ご使用下さい。
    非会員の方は申込はがきを夏期セミナー事務局までご請求下さい。
    申込締切 :2019年2月14日(木)《必着》
    ※ 定員30名、応募多数の場合には先着順とさせていただきますことをご了承下さい。
  3. 送金方法
  4. 今回はツアーの催行が確定後に最終旅費が確定するため、申し込み一時金と残金の2度に分けての振込みをお願いいたします。 @ お申込を頂いた方にメールにて「振り込み口座番号」を送付いたします。
    1 回目振り込み:参加費該当金額(学会員・非会員6 万円、学生5 万円)をお振り込み下さい。
    2 回目振り込み:ツアー催行決定後、残りの旅費をご連絡いたしますのでお振込み下さい。 なお、夏期セミナー事務局からの申込受理の連絡は致しません。
    費用の振込みをもって参加申込終了といたしますのでご了承下さい。納入された諸費用は返却致しませんのでご了承下さい。
    1回目振り込み締切:2019年2月28日(木)

●連絡先;夏期セミナー事務局 大妻女子大学 家政学部 被服学科D720室
       〒102-8657 東京都千代田区三番町12 Tel.03-5275-6306
       幹事 中川麻子
       委員 安部智子 藤井裕子 

⇒ 過去の夏期セミナー

このページの先頭へ

研究例会

服飾文化学会 平成30年度研究例会

下記の通り、今年度の研究例会を開催いたします。

≪日時≫
2018年10月27日 (土)13:00〜15:10
≪会場≫
東京都庭園美術館 本館の中3階スタジオ
〒108-0071  東京都港区白金台5-21-9
≪交通≫
JR山手線「目黒駅」東口/東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分
≪参加費≫
研究例会会場に入るには展覧会チケットが必要です。
各自購入して入館してください。(一般1200円、大学生960円)
≪プログラム≫
      
   
13:00-13:05 はじめのことば(挨拶)
13:05-14:05 関昭朗氏(東京都庭園美術館学芸員)によるご講演と質疑応答
講演題目「旧朝香宮邸からアール・デコを再考する」
14:05-14:10 おわりのことば(挨拶)
14:10-15:10 展覧会「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」
を各自で見学後、自由解散

 
≪連絡先≫
服飾文化学会 研究例会担当     
女子美術大学美術館 菅野ももこ            
Email : kanno@tokyo-kasei.ac.jp 

*参加希望の学会員の方は、10月13日(土)までに研究例会担当者に参加申込を必ずしてください。
*件名を「研究例会参加申込」とし、本文に@氏名AフリガナB所属を書いてEmailでお申し込みください。

⇒ 過去の研究例会

このページの先頭へ

論文発表会

平成30年度服飾文化学会論文発表会プログラム

≪日時≫
平成31年 3月1日 (金) 13:00−16:00
≪会場≫
〒151-8523 渋谷区代々木3-22-1
文化学園大学 (旧文化女子大学) C071番教室  
JR・小田急線・京王線・都営新宿線・都営大江戸線・丸ノ内線 新宿南口より徒歩7分
13:00‐13:05 開会の辞    副会長 : 福田 博美(文化学園大学)
■卒業論文
座長 大﨑 綾子(女子美術大学)
13:05‐13:20 1. 共立女子学園所蔵貴重図書による裁縫教育の研究
―明治期出版の「女子手芸講義録」を中心に―
古埜 みなみ
山岸 麻衣子
(共立女子大学)
座長 大塚 有里(東京家政大学)
13:20-13:35 2. 16世紀から17世紀におけるレースの文様表現に関する一考察 空井 佳穂
(大阪樟蔭女子大学)
座長 大塚 有里(東京家政大学)
13:35-13:50 3. 1900年代のアメリカにおけるアイリッシュ・クロッシェ・レースの受容
―『ヴォーグ(VOGUE)』にみる模倣品と女性像―
三宅 真未
(お茶の水女子大学)
座長 菅野 ももこ(女子美術大学)
13:50-14:05 4. 第二帝政期のリボンの流行と絹リボンの産業
―Petit Courrier des Dames とLa mode illust é eから―
横山 早紀
(日本女子大学)
座長 菅野 ももこ(女子美術大学)
14:05-14:20 5. YUKI FUJISAWAのデザイン要素を用いたヴィンテージ風ウェディングドレスの提案
―実物製作―
平松 百々花
(文化学園大学)
14:20-14:30 休憩(10分)
 
■修士論文
座長 鈴木 桜子(杉野服飾大学)
14:30-14:50 1. 20世紀初頭のFeminaにみられるmodern femininity
―女性の帽子を中心に―
山口 永莉華
(日本女子大学 大学院)
座長 鈴木 桜子(杉野服飾大学)
14:50-15:10 2. ミリタリーファッションからストレスマネージメントの必要性を考える 新田 春香
(郡山女子大学 大学院)
座長 中川 麻子(大妻女子大学)
15:10-15:30 3. 1880年代におけるリバティ商会のコスチューム部門の設立と衣服の独自性 佐藤 梓
(お茶の水大学 大学院)
座長 中川 麻子(大妻女子大学)
15:30-15:50 4. 近代輸出用染織品に関する研究
ー日本での試みと欧米における受容ー
篠田 容
(共立女子大学 大学院)
15:50-16:00 閉会の辞   副会長 : 大網 美代子(大妻女子大学)
16:20-17:20 情報交換会( エ・プロント文化学園店:Bun Café )参加費無料

⇒ 過去の論文発表会

このページの先頭へ

会報発行

平成22年度 会報

20号/平成22年 9月 最新号

⇒ 過去の会報

このページの先頭へ

COPYRIGHT(C)2004 HUKUSHOKUBUNKAGAKKAI. ALL RIGHTS RESERVED.